×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ME   ABOUT   TOP   DIARY   LINK   WEBCLAP
猪狩君とご飯を食べる日が来てしまった。
誘われてから数日、何故かそわそわしてしまい
机が隣という事実が妙に恥ずかしかった。
気持ちいつもよりおめかししてるって、私は何を期待してんだか……。

今日の日程が終わり、日も紅く、斜めから差している。
「じゃあ車持ってきますので、校門の前で待ってて下さい」
慣れた感じで…というか緊張している私のだけなんだろうか。
そりゃあほとんど毎日顔合わしてる仲だけど
二人っきりでご飯食べるって事に対して何かしら思う事は無いのか!猪狩守!
素っ気無い態度にあわせるようなキザったらしい真っ赤なスポーツカーが
私の目の前に止まる。
「さ、行こうか」
……こんな所、生徒に見られたら変な噂されるだろうな。

他愛も無い話をしながら着いたそこは、お世辞にも私には似つかわしくない場所だった。
「綺麗な夜景を見ながら」ってのはただの比喩なんかじゃなく
本当に目を奪われそうになるほど綺麗な夜景が広がっている。
店内には大きなピアノが置いてあって、入り口からタキシードを着たおじさんが席へと案内してくれた。
落ち着いた感じの、とても上品なお店。
「い、いつもこんな所来てるの?」
「え?いや、別に。落ち着いて話すにはいいかなと思って、ね」 そういうものなのか……。
落ち着いて話す……。何をだろう。
呆気に取られる私を尻目に、猪狩君は店員(ウェイターって言った方がいい気がする)さんとボソボソと喋ってた。
「こちらは、※□産、△○年もののワインでございます」
何を言ってるのがよく分からなかったけど、とりあえずワインが持ってこられた。
飲んじゃっていいの?運転が……?

「さ、本題に入ろうか。まずはAクラスの事なんだけど……」
口に含んでたワインが危うく出そうになった。
まさかここまで来てアカデミーの話をするとは流石に思わなかったから。
「どうかした?」
「え、いや、ううん。ちょっと拍子抜けしたというか何と言うか……」
「良い機会だから、色々と言っておきたい事があったからね」
そう聞くと何故か納得。
落ち着いてみると、何かに期待した自分が空しかった。

「それでその生徒は……」
「うんうん」
気づいたら自分も講師モードになっていて猪狩君の話をファイルにまとめていた。
まるで天の川を描いたような夜景が見えるレストランで
書類を並べてここまで話し込んだのは私達が初めてだと思う。
この滑稽さが、ワインを飲みながら、微妙に火照った頭を逆に冷やしてくれる。
「とまぁ、そんな感じだけど」
一区切りついて、猪狩君はボソっと呟いた。
「まずは君の机の整理整頓から始めようか」
返す言葉が無かったとと同時に、この一言が何故か胸に刺さり
急に恥ずかしくなってきた。それはもう、火照った顔が更に赤くなるような。
酔ったせいなのかよく分からないが、うまく頭が回らない。

「うう……、猪狩君そればっかり…。私、今日楽しみにしてたのに……」
うまく頭が回らないと思ったら、私の胸の中の本音は口から外に出ていた。
一瞬だけ、空気が固まった気がする。

ふと我に返ると、今自分が口に出したことがとんでもない事と理解した。
血が一気に頭に昇っていくのがこうもハッキリと分かったのは初めてかもしれない。
「あ、あわ、あ、いや……その、そのね?違うの、あのね」
あたふたと、さぁ、どんな言い訳をしてやろうとかと考えても
どんどんこんがらがっていく様子は、今の言葉を使えばテンパっているのだろう。

「え、あ……いや、その」
思いのほか猪狩君も似たような反応をしていた。
呆気に取られているのか、単にひかれただけなのか……。
「いや、僕も少しは楽しみだったというか、……その」
え?と思い顔をあげて猪狩君を見たら、思わず吹出してしまった。
あのキザで自信家の猪狩君が、真っ赤になってたから。
「プッ……アハハ、おっかしー」
さっきまでの取り乱しが嘘のように、私は笑ってしまった。
猪狩君は冗談交じりに何だよ!なんて怒っているけど
何だか急にかわいく見えた。
「普段とのギャップが……アッハッハ」
あーおかしい。
猪狩君もそんな風に思ってたんだなぁーとひとしきり笑ったら、驚くほど頭の中は鮮明だった。
今までのモヤモヤしたものが取れたような。
まだ顔を赤らめてる猪狩君をなだめながら、その後もしばらく練習法やら指導法を話し合った。
最も、ちょっと不機嫌になったキザな猪狩君を見てたら、時間はあっという間に過ぎて行ったのだけれども。
よし、明日から整理整頓してみようかな。今の頭の中みたいに――


「いやぁ、今回は完敗ですね」
あれから数週間が過ぎて、クラス対抗戦が終わった時、隣の机からそんな声が聞こえた。
当然、声の主は猪狩君。
私のチームは、今回の対抗戦で初めて猪狩君のチームに勝ったのだった。
何かが劇的に変わったわけではない。ただ、頭の整理と机の整理をしただけ。
机上のファイルだって、机上の空論だって、やっぱり整理する事が大事なのかも。
猪狩君の言葉を尻目に、私は綺麗に整頓された机と突っ伏せて喜んだ。
(1)

モドル